2008年05月27日

今日は団体さんです。

ひさしぶりの更新です。
今日は団体さん、まとめて3匹ですから38、39、40匹目の猫ちゃんです。猫

2008-0517-1a.jpg


自宅の道路を隔てた向かい側にブロック塀があります。
2週間前ごろから近所の子供が、そのブロック塀のすきまから中をのぞいています。
はじめは気に留めることもなくいたのですが、毎日のように子供たちがのぞいています。
そのうち自分でも気にかかり、中をのぞいてみると
キジトラ柄の母猫と子猫が4匹いました。

どうやら野良猫が子供を塀の中で産んで、育てているようです。

そのうち天気の良い日には子猫たちが塀の脇にあるちょっとした大きさの広場で遊び始めました。

見たところ生後3〜4週間程度しか経っていないようです。

家の前の道路は、住宅街で歩道も無い狭い道路なのですが、直線で見通しのきく道路のため、いつも車が猛スピードで走り去ります。

人間ですら危ないなと、常々思っていましたが4〜5日前の夕方、道路に飛び出た子猫が1匹、轢かれて死んでしまいました。

昨日あたりから、猫たちの姿を見ることができません。

もうひとり立ちしたのでしょうか、それとも親切な人に拾われていったのでしょうか。

気にかかります。

人気blogランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。

banner2.gifにほんブログ村 猫ブログへ

posted by まるぼ at 10:44| Comment(1) | TrackBack(0) |

2008年04月13日

東京下町の猫ちゃん

tukisima-Cat.jpg


久しぶりの更新です。

37匹目の猫ちゃんになります。猫

冬場は出掛ける機会が少なく、なかなか猫ちゃんの写真を撮ることができませんでした。

先日、月島に「もんじゃ」を食べに行ったときに、月島の裏通りで見かけた猫ちゃんです。とても人なつっこい猫で、息子が手を差し出すと体をすり寄せてきます。
人に飼われているのと、年を取っているので、全く野良猫のようなとげとげしさがありません。

月島の裏通り、昔からの民家が立ち並ぶこの地域は「もんじゃ」でも有名な場所です。
NHKの朝ドラ「瞳」の舞台となって、土日には観光客がたくさん押し寄せています。

なにしろ「もんじゃ」の店だけで65店以上もあって、商店街を通ると「もんじゃ」の店が次から次へと現れます。
私は「江戸っ子」、東京の下町で生まれたので、子供の頃は毎日のように「もんじゃ」を食べていました。

その頃は「もんじゃ」の専門店などはありません。
駄菓子屋の一角に火鉢を置いて、その上に建設現場から持ってきたんじゃないかと思えるような、切り口がギザギザな鉄板を乗せてあるだけです。

イスもビールケースをひっくり返して座った記憶があります。
具なんてほとんどなく、切りイカ、紅ショウガ、天カス程度。
いつも学校が終わると10円玉を握りしめて、その駄菓子屋に通ったのを覚えています。

今の「もんじゃ」は具には牛肉、豚肉、イカ、カキ、チーズ、ベビースターなどありとあらゆる具が入っています。
値段も1杯で600〜1200円ぐらい。

家族4人ぐらいで行くと飲み物も入れて5000円前後はかかる食べ物になってしまいました。

子供の頃の味覚は鮮明に覚えていて、今でも1年に1度は食べたくなります。

人気blogランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。

banner2.gifにほんブログ村 猫ブログへ


posted by まるぼ at 14:13| Comment(1) | TrackBack(0) |

2007年12月24日

借りてきた猫

20071209-2a-m.jpg



今日は36匹目の猫ちゃんです。猫

埼玉県の秩父市に出掛けた際、見かけた猫で民家の庭先の植木に身を隠すようにこちらを見ています。
きっと外飼いの猫でしょう。
キリッとした怪しい奴と言った感じの目つきでこちらをうかがっています。
番犬ならぬ番猫なのでしょうか。

猫に関する言葉で「借りて来た猫」というのがありますね?

この言葉は「自分の家では好き勝手に振舞っている人でも、他人や目上の人の前では非常におとなしい」と言う意味ですかいます。

昔は本当に猫を貸し借りしたことがあったようで、それは当然ネズミ退治の為に猫を貸し借りしたようです。

しかし借りた猫は勝手の判らぬ家に連れて行かれて、我が家にいる時とは違い、至って
おとなしくなってしまったことから「借りて来た猫」と言う言葉が生まれたようです。

最も猫の持っている狩猟本能は、目の前にネズミが横切れば他人の家のネズミでも我を忘れて、あっと言う間に飛びついてしまうでしょう。

人気blogランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。

banner2.gifにほんブログ村 猫ブログへ


posted by まるぼ at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年12月21日

少しアダルトになった「マメ」ちゃん

tooth.jpg




元々が親とはぐれた野良猫だった我が家の「マメ」ちゃん。猫
優しい人に保護されてから里親探しで見つけて我が家にたどりつきました。

そういう訳で実際の年齢が不明でした。
見た感じで我が家に来た時に2ヶ月ぐらい。
9月の末に引き取られて来たので今日で5ヶ月ぐらいになるようです。

先日、床にキラリと光る物を見つけ何かと良く見たら抜けた歯でした。
そうです、「マメ」ちゃんの乳歯、しかも犬歯(口を大きく開けた時に見えるキバ)が左右1本ずつ抜けたようです。

猫の乳歯は人間の様に乳歯が抜けた後、しばらくは歯抜けの状態にはならず、新しい歯がすでに生えています。
抜けた歯を良く見ると、歯の根元の内側部分が空洞になっています。

猫にも乳歯と永久歯があり、乳歯は全部で26本、永久歯は30本あります。

乳歯は大体7〜8ヶ月程度で全部大人の歯に生え変ります。

そのことから大体の子猫の年齢が判ります。

うちの「マメ」ちゃんの年齢は予想通りに近い5〜6ヶ月程度になります。

歯抜けの猫だったら可愛いに、ちょっと残念!!

人気blogランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。

banner2.gifにほんブログ村 猫ブログへ



posted by まるぼ at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年12月13日

キスチョコだ!!

20071209-1a-m.jpg




今日の猫ちゃんは35番目の猫です。猫

埼玉県の秩父に化石採集よく行くのですが、その際出会った猫で外飼いの猫のようですが、野良猫のように警戒心を見せています。
それでも興味を惹かれるのか、こちらが近づいて行っても逃げようとはしません。

先日のことです。

自宅に帰った私は荷物を降ろし、2階の部屋や玄関などを何回か行ったり来たりしました。
そして床に視線を落とすと何か落ちています。
私は視力が余りよくないので、なにかな?と思い落ちてる物の近くまで寄って行きました。

あいにく部屋の明かりが家具で遮られていて、何が落ちているのか確認できません。

でもよく見るとキスチョコ(チョコレート)のように見えたので、子供が床に落としたのかな?と一瞬思いました。
眼鏡をかけてよく見るとそれはキスチョコでなく、我が家の家猫「マメ」ちゃんのウンチでした。
きっと用を足した後、フローリングの床に肛門さまをくっつけたのでしょう。

ちょうど大きさ、形がキスチョコのようで、先がとがっています。
慌てて掃除をしたのですが、何度となくその場所を行き来したのに良く踏まなかったなとの思いと、手でつかまなくて良かったなと思う気持ちで、ちょっとラッキーな気分になりました。

みなさん床に落ちてるキスチョコは良く見てから拾いましょう。


人気blogランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。

banner2.gifにほんブログ村 猫ブログへ

posted by まるぼ at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年12月10日

露頭に迷ったら?

2007-1207-1a-m.jpg



今日の猫ちゃんは34番目の猫です。猫

冬に近づいてきたので、なかなか外で猫を見かける機会が少なくなってきて、新しい猫の写真を撮るのが難しくなってきました。

そんな中、駅に向かう途中で出会った猫で、年老いて眼も不自由な感じのする猫です。

今までに出会った猫を振り返って見ると、野良猫の中では眼の不自由な猫が多く、それだけ縄張り争いなど生きて行くのが大変なのでしょう。

それに比べて家猫の「マメ」ちゃんはホットカーペットの上に腹を出して寝そべり、腹が減ったらニャーニャーと飯くれーと大騒ぎ、なんと優雅な生活でしょう。

里親になって家に来て以来ずっと室内で生活してきたのですが、家の中の探検がほぼ終わり最近では外の世界にやたらと興味を示している様子。

玄関の戸やベランダの戸を開けた隙に外に飛び出そうと身構えていますが、そのまま家に帰ってこれなくなったらと心配してしまう今日この頃です。

みなさんもこの寒さに大事な猫ちゃんを露頭に迷わせない様、窓の開け閉めには十分注意をしてください。

人気blogランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。

banner2.gifにほんブログ村 猫ブログへ

posted by まるぼ at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年12月05日

猫のいろいろな音

2007-1021-2a-m.jpg


猫猫は飼い主になでられたりすると、のどをゴロゴロと鳴らします。

元々は母猫の乳を飲むときに発する音で満足の表現です。

飼い主に撫でられた時も満足の表現でもあり服従の表現でもあります。

いずれにしろ猫達にとっては平和な印の音です。

逆に病気になったり体の具合が悪い時も同じ様にゴロゴロと喉を鳴らします。


先日、私がテーブルの上で書類を書いていた所、テーブルの上に我が家の家猫「マメ」ちゃんが静かに上がって来ました。

私は気にせずに書き物をしていると、何かクサイ臭いがプーンと漂ってきます。

前を見ると「マメ」ちゃんが肛門様をこちらに見せながらテーブルを下りようとしている所でした。

そうです!!

「マメ」ちゃんの屁!!です。

何も人に向けてしなくても良いのにと思いつつ、猫もりっぱな「スカシッ屁」をするんだとつい感心してしまいました。

人気blogランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。

banner2.gifにほんブログ村 猫ブログへ
posted by まるぼ at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年11月29日

マメちゃんの魔の手が!!

2007-1010-1a-m.jpg


ひさしぶりに我が家の家猫「マメ」ちゃんのお話です。猫

すっかり家の人間にも慣れ家中を毎日探索する「マメ」ちゃんですが、未だ入ったことのない部屋が2つ程あります。

一つは温室、それと1階の和室、二つともクワガタやカブトムシをたくさん飼育しているので、中に入ったらそれはもう大変なことになってしまいます。

どうやってもこの部屋の存在を判らないようにしなければなりません。

既に文鳥は狙われてしまい危うく「マメ」ちゃんの魔の手にかかってしまうところでした。

そこで文鳥は籠を天井から吊り下げるように改造したので少し安心したのですが、籠に明かりを入れるので窓際に吊り下げため、今度はカーテンを伝って登り籠にたどりつこうとします。

おそるべき執念と狩猟本能です。

一度行けた場所は既に覚えているようで、入らないようにしたり、行けないようにしたりするとしつこくニャーニャーといつまでも鳴かれます。

猫を飼う前にある程度覚悟はしていたのですが対策が大変です。


人気blogランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。

banner2.gifにほんブログ村 猫ブログへ

posted by まるぼ at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年11月27日

眼前にキラリ!!と光る

2007-1118-3a-m.jpg


今日のの猫ちゃんは33匹目の猫です。猫

この猫ちゃんは先日、東京練馬区にある石神井公園に遊びに行った際に見つけた猫です。

体がぽっちゃりとしていて、人通りの多い道の路肩でゆっくりと日光浴する姿は、どう見ても人に飼われている猫でしょう。

警戒心のひとかけらも見られない、とてもフレンドリーな猫ちゃんです。

今日は猫の視覚の話です。

猫は人間よりも光を6倍も感知することができ、暗闇でも獲物を捕らえることができます。

これは光を感知する桿体細胞が人間の6〜8倍もあり、それにプラスするように網膜の後ろにタペタムと呼ばれる光を反射する細胞があります。

一度網膜を通り抜けた光はタペタムによって反射され、もう一度網膜に当たります。

光を2度使うことにより、光の感度をあげているわけです。

暗闇で猫の目が光って見えるのはこのタペタムに反射した光が見えています。

もう一つ不思議なことは猫の瞳孔にある虹彩です。

人間の虹彩は同心円状に開いたり閉じたりするのですが、猫の虹彩は縦と横の開く比率が違うので、虹彩を閉じた時に縦にスリット状に閉じることになります。

夜中に眼を覚ますとキラリと光るものが眼の前にあるととてもびっくりとしますね。

人気blogランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。

banner2.gifにほんブログ村 猫ブログへ

posted by まるぼ at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年11月26日

猫とナマズの共通点は?

2007-0908-4a-m.jpg


今日の猫ちゃんは32匹目の猫です。猫

近所の家で飼われている外飼いの猫です。

片目を負傷したのか見ることができません。

猫にとっても目は大事で、夜間など行動する時にハンディがあるのではないかと思います。



今日は猫の聴覚の話です。

猫が聞き分けることの出来る周波数は60ヘルツ〜65000ヘルツの広さがあります。

人間の場合18歳くらい迄で20ヘルツ〜20000ヘルツ、70〜80歳になると20ヘルツ〜8000ヘルツ程度までと、聞こえる周波数が高いほうで狭くなってきます。

又、音そのものを聞き分ける能力が高く、天井裏のネズミの鳴く声や、家に帰って来たご主人の足音や声などを聞き分ける能力があります。

それにも増して驚くことは、地震の前兆をとらえることが出来、地震の前には異常行動が多数報告されています。

ナマズが地震を予知するのは有名ですが、猫も同じような能力があるのは驚きです。

人気blogランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。

banner2.gifにほんブログ村 猫ブログへ
posted by まるぼ at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) |