2007年10月18日

お尻でムーンウォーク

2007-0928-1d-m.jpg



11匹目の猫ちゃんです。猫

こちらも千葉県の里見公園での撮影で、昨日の猫と一緒にいた猫です。

この公園内では他にもこの猫と同じ柄の猫が3匹目撃できました。

見た目からするとたぶん親子のようで、こちらの猫は子供のようです。

最近、我が家の家猫「マメ」ちゃんの変な癖を見つけました。

以前から猫を飼っていた女房も、こういうのは初めてだと言います。

その癖は、カーペットや布団の上におしり(肛門)と両足を付けたまま、前足を使ってズリズリとまるで「ムーンウォーク」をするようにスムーズに1メートルくらい進んで行きます。


mame-1018.jpg



お尻でも痒いのかちょっと不思議な光景ですが、表面がざらざらした場所ではやるのですが、フローリングのツルツルとした場所では見ることができません。

きっと気持ちがいいのに違いありません。わーい(嬉しい顔)

お尻すりむかなければ良いのですが。

人気blogランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。


banner2.gifにほんブログ村 猫ブログへ
posted by まるぼ at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年10月17日

写真撮るのも楽じゃない

2007-0928-1c-m.jpg



10匹目の猫ちゃんです。猫

この猫は千葉にある里見公園と言う場所で出会った猫で、どうやらこの公園内に住み着いている、野良猫のようです。
地面に落ちた枯葉の中、木漏れ日で暖を取り、ジロッツとこちらを睨む姿は風格さえ感じます。

野良猫の写真を撮っていて、行動パターンは3つ程あります。

1番目は「警戒型」、ある程度の距離近づくと、警戒をして相手の行動を監視して、少しでも動くと脱兎のように逃げて行くパターン。
2番目は「退避型」、知らん振りして通りすぎる、人の姿を見ると関わりたくないと、さっさとどこかへ行ってしまう。
3番目は「我関せず型」、こちらが近づいても知らん振り、かと言って触ろうとするとサット場所を移動、「かまわないで!!」と言った感じです。

一番多いのはやはり一番目の「警戒型」、カメラを構えるとあっと言う間に居なくなってしまうことが多いのです。

里見公園は東京と千葉県の境の千葉県側にあり、あと少し行くと「矢切の渡し」にも近い場所です。

公園内は広く、たくさんの野良猫を目撃しました。

食べ物さえ確保できれば、住みやすい環境かもしれません。

春〜秋にかけては訪れる人が多いのですが、冬場は人が閑散として、地元の人の散歩コースになっています。

ちなみに私が小学1年生の時「どんぐり拾い」に遠足に来た思い出の場所でもあります。


人気blogランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。


banner2.gifにほんブログ村 猫ブログへ
posted by まるぼ at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年10月16日

猫ちゃん、今日も食べられて良かったね?

2007-0928-1a-m.jpg



今日の猫ちゃんは9匹目です。猫

通勤の途中、いつも見かける猫で、外飼いの猫のようです。

体も綺麗でデップリと太っていて、食べることに困っている様子がありません。

何を見ているのか、遠い目線をしています。

住宅街を歩くと、猫を数匹ぐらいは見かけることができます。

外飼いの猫が多く割りと体も綺麗で、太った猫が多い様です。

しかし公園や河原などで見かける猫は飼い主が無く、日々の食べもに事欠いているような、痩せ細った猫が多くみられます。

一部の篤志家や、猫好きの人が飼い主のいない猫達に餌を与えて支えています。

逆に猫嫌いの人は猫が集まると臭くなるので、餌を与えるのに文句を言う人もいるようです。

結局、野良猫達の居場所は公園、空き地、河原の片隅に追いやられてしまい、野良猫達が新たなコロニーを作って、その中で新たな子供が生まれ、と言う連鎖になります。

我が家でも里親を探すサイトで猫を探し、現在飼育していますが、幼猫なのでたくさん走り回り、直ぐにお腹が空いたとニヤーニャーと騒ぎます。

そしてたくさん食べて、グーグー寝て又遊び始めます。

無事拾われて里親が見つかった猫は運が良いのかも知れません。

我が家の飼い猫、「マメ」ちゃんの弟にあたる猫は拾われて直ぐに死んでしまったそうです。

親猫とはぐれ、食べるものを口にできず、力尽きたようです。

死んだ弟の分も我が家で長生きして欲しいものです。

そして里親サイトからたくさんの猫達が引き取られて、来年を迎えることができるようにと考えるのです。

人気blogランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。


banner2.gifにほんブログ村 猫ブログへ
posted by まるぼ at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年10月15日

ホームページ作るならドメイン取得から

インターネットの住所、いわゆるドメインを取得しました。

ドメインはURLの後ろに

「.com」、「.net」などの分野別、「gTLD」(genric Top Level Domain)

「.jp」の国コード別の「ccTLD](country code Top Level Domain)があり、サイトの属性を現すものです。

以前はドメインを取得や更新費用に高額な経費がかかり、企業などでないと維持できませんでしたが、現在はドメイン取得費用も安くなり、数千円〜五千円程度で取得が可能になり、更新も同程度の費用で継続使用ができます。

ドメイン取得の良い点は、自分で決めたURL(他に使っていなければ)を持てること。

サーバーを変更してもURLごと新しいサーバーに移動できることです。

一般に多く使われているプロバイダーが割り振るURLでは

http://www.何とか.jp/誰それ/

と言ったように必ず先頭にプロバイダーの名前が入り、プロバイダーを変えたいと思った時に、今まで使っていた http://www.何とか.jp/誰それ/ は使用出来なくなります。

これはマンションの住所表示にたとえれば判りやすいのですが、

○○県××市△△町○丁目×番△号●●マンション▲▲号室が部屋の所在ですが、「○○県××市△△町○丁目×番△号●●マンション」までの範囲はプロバイダーの持っているURLで、利用者には部屋番号しか割り振っていません。

だから引越しをする時には部屋番号を持って行っても、どこにある建物の部屋番号か判らなくなってしまいます。

その点ドメインを取得するとJPNICと言う名のURLを管理する団体に、どのサーバーアドレスに何と言う名のドメインが入っているか、管理責任者の名前は誰か、と言った情報が登録されます。

たとえサーバーを別のサーバーに変えても、新しくなったサーバーアドレスとドメインを新しく登録しなおせば、今までと同じように利用することができます。

サイトを利用している側から見ると、URLを見なければ今までと同じで気がつきません。

これは、たとえば相互リンクを沢山のサイトにお願いしてあるとか、検索サイトのカテゴリーに登録されているとか言う時にはとてもサーバーの引越しが楽になります。

ドメインを持っていないと、引越しをする時は相互リンクをお願いしている各サイト、検索サイトに、リンク先の変更をお願いしなければなりません。

又、URLが新しくなるのでほとんど新規サイトと同じで、Googleのページランクや、検索順位も下がってしまい、元の位置まで復活するのにかなりの時間がかかってしまいます。

安いレンタルサーバーもたくさん見受けられますので、考えて見てはいかがですか?


posted by まるぼ at 12:13| Comment(1) | TrackBack(0) | コンピューター