2007年11月29日

マメちゃんの魔の手が!!

2007-1010-1a-m.jpg


ひさしぶりに我が家の家猫「マメ」ちゃんのお話です。猫

すっかり家の人間にも慣れ家中を毎日探索する「マメ」ちゃんですが、未だ入ったことのない部屋が2つ程あります。

一つは温室、それと1階の和室、二つともクワガタやカブトムシをたくさん飼育しているので、中に入ったらそれはもう大変なことになってしまいます。

どうやってもこの部屋の存在を判らないようにしなければなりません。

既に文鳥は狙われてしまい危うく「マメ」ちゃんの魔の手にかかってしまうところでした。

そこで文鳥は籠を天井から吊り下げるように改造したので少し安心したのですが、籠に明かりを入れるので窓際に吊り下げため、今度はカーテンを伝って登り籠にたどりつこうとします。

おそるべき執念と狩猟本能です。

一度行けた場所は既に覚えているようで、入らないようにしたり、行けないようにしたりするとしつこくニャーニャーといつまでも鳴かれます。

猫を飼う前にある程度覚悟はしていたのですが対策が大変です。


人気blogランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。

banner2.gifにほんブログ村 猫ブログへ

posted by まるぼ at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年11月27日

眼前にキラリ!!と光る

2007-1118-3a-m.jpg


今日のの猫ちゃんは33匹目の猫です。猫

この猫ちゃんは先日、東京練馬区にある石神井公園に遊びに行った際に見つけた猫です。

体がぽっちゃりとしていて、人通りの多い道の路肩でゆっくりと日光浴する姿は、どう見ても人に飼われている猫でしょう。

警戒心のひとかけらも見られない、とてもフレンドリーな猫ちゃんです。

今日は猫の視覚の話です。

猫は人間よりも光を6倍も感知することができ、暗闇でも獲物を捕らえることができます。

これは光を感知する桿体細胞が人間の6〜8倍もあり、それにプラスするように網膜の後ろにタペタムと呼ばれる光を反射する細胞があります。

一度網膜を通り抜けた光はタペタムによって反射され、もう一度網膜に当たります。

光を2度使うことにより、光の感度をあげているわけです。

暗闇で猫の目が光って見えるのはこのタペタムに反射した光が見えています。

もう一つ不思議なことは猫の瞳孔にある虹彩です。

人間の虹彩は同心円状に開いたり閉じたりするのですが、猫の虹彩は縦と横の開く比率が違うので、虹彩を閉じた時に縦にスリット状に閉じることになります。

夜中に眼を覚ますとキラリと光るものが眼の前にあるととてもびっくりとしますね。

人気blogランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。

banner2.gifにほんブログ村 猫ブログへ

posted by まるぼ at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年11月26日

猫とナマズの共通点は?

2007-0908-4a-m.jpg


今日の猫ちゃんは32匹目の猫です。猫

近所の家で飼われている外飼いの猫です。

片目を負傷したのか見ることができません。

猫にとっても目は大事で、夜間など行動する時にハンディがあるのではないかと思います。



今日は猫の聴覚の話です。

猫が聞き分けることの出来る周波数は60ヘルツ〜65000ヘルツの広さがあります。

人間の場合18歳くらい迄で20ヘルツ〜20000ヘルツ、70〜80歳になると20ヘルツ〜8000ヘルツ程度までと、聞こえる周波数が高いほうで狭くなってきます。

又、音そのものを聞き分ける能力が高く、天井裏のネズミの鳴く声や、家に帰って来たご主人の足音や声などを聞き分ける能力があります。

それにも増して驚くことは、地震の前兆をとらえることが出来、地震の前には異常行動が多数報告されています。

ナマズが地震を予知するのは有名ですが、猫も同じような能力があるのは驚きです。

人気blogランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。

banner2.gifにほんブログ村 猫ブログへ
posted by まるぼ at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年11月24日

猫を誘惑するフェロモン??

2007-1118-1a-m.jpg




今日の猫ちゃんは31匹目の猫になります。猫

近所の路地で見つけた猫で、ポチャリとしてとても可愛い猫で、家の家猫がいなければ捕まえて家で飼おうかと思ってしまいました。

外飼いの猫のようです。


今日は猫の臭覚の話をします。

猫は人間の数万倍以上もの臭いを嗅ぎわけることがで、臭いで人を嗅ぎ分け、臭いで食べ物を嗅ぎ分けます。

その為、頬線から出る分泌物や尿を使ってあらゆる場所にマーキングをします。

ですから貴方の足元や体に近づいてきて、顔をすり寄せる仕草はマーキングの動作です。
もちろん嫌いな人にマーキングをする訳がありませんから、大好きなご主人にマーキングをして、その臭いを嗅ぐことにより自分自身を安心させるのです。

おしっこの場合はテリトリーを主張する時に尿を使ってマーキングします。

特に雄の猫にはこの傾向が強いようです。


もう一つフェロモンを感じるヤコブソン器官があります。

このヤコブソン器官は口の中の上あごの門歯の後ろにあって、口を半開きにして歯をむき出した状態にして、空気にさらすとニオイが感知されやすくなり、これをフレーメン反応と言います。

元々は性行動に関する、フェロモンだけを感じる器官です。

私の臭い靴下などの臭いを嗅がすとフレーメン反応することがありますが、私には猫を誘惑するフェロモンが発散されているのかな??

人気blogランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。

banner2.gifにほんブログ村 猫ブログへ


posted by まるぼ at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) |