2007年09月24日

お彼岸に咲く花

koma-higanbana.jpg
今日は埼玉県日高市高麗(こま)にある巾着田に曼珠沙華を見に行ってきました。電車

高麗川の流れが大きく円を描いて、地図で見るとちょうど巾着袋のように上の部分がつぼまっていて、袋の中にあたる部分が大きな群生地になっています。ふくろ

公称100万本と書いてありますが、本当の数はわかりませんが、赤いじゅうたんを敷き詰めたように、地面が真っ赤にみえます。

この場所は普段は釣りや、バードウォッチング、河原でのバーベキューで利用されていて、入場料は取られません。

でもこの曼珠沙華が咲いている期間中は入場料200円が徴収されます。

今日の人出が2〜3万人ぐらいなのでしょうか。

一人200円で2万としても400万ぐらいの収入はあるのではないかと推測されます。

その他にも臨時に作った売店が軒を連ね、ほとんど曼珠沙華祭りだワッショイ!!といった感じです。がく〜(落胆した顔)

西武池袋線高麗駅〜巾着田に行く道筋にも、地元の農家の方か急ごしらえの出店がたくさん出ていて、この時とばかりにみやげ物などを販売しています。

中々、平日に休みが取れないのでしょうがないのだけど、華を静かに愛でるという感じでなく、お祭りのようになってしまうのは、違和感を感じます。

早々と巾着田を後にして、高麗川の上流まで行き、ゆっくりと釣り糸を垂れるとほっとします。わーい(嬉しい顔)

そして私の大好きな鳥「カワセミ」がビューンと目の前をかすめて行った時はやっとここに来て良かったと思った瞬間でした。

posted by まるぼ at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5578461

この記事へのトラックバック