2007年10月09日

「マメ」ちゃん、「ガブリエル」になるの?

2007-0926-2a-s.jpg



8匹目の猫ちゃんです。猫

何時も通るアパトーの前にいる猫ちゃんで、外で離し飼いの状態の猫のようです。

アパート入り口の床の上で、お腹を出して毛ずくろい。

野良猫には絶対に見られない光景です。

お腹を出してと言えば、我が家の飼い猫「マメ」ちゃん。

ちょと噛み癖があって、遊びがエスカレートすると人間の手や足を強く噛み付きます。

噛んだその時は「ダメ!!」と叱りつけるのですが、中々直りません。

元々、親猫にはぐれて兄弟で拾われた猫で、弟の猫は拾われて直ぐに他界したと聞いています。

「マメ」ちゃん自身、月齢が2ヶ月程度で、親や兄弟から遊びのルールなど覚える間もなく、離れ離れになったようです。

家の者が皆噛まれるようになった為、ちょと人気が落ちてしまい、名前も「マメ」でなく「ガブリエル」にしたほうがいいんじゃない?

そんな声も聞こえてきます。

そこで家族で話し合って、噛んだら遊んであげない、暫く無視をするように決めました。

未だ赤ちゃんなので、いくらでも癖は直せるでしょう。

人間の方も猫ちゃんの気持ちを勉強しないと、そうなんだーと思う所も沢山あります。

お腹を出して寝転がり手足で猫キックする動作は「攻撃」の態勢だそうです。

犬の場合は飼い主への服従のポースですが、猫の場合は必ずしもそうではないようです。

もちろん、完全に慣れきった飼い猫は、腹を出して手足をダラーンとさせる時もあります。

その時は完全に安心しきっているのですが。

人気blogランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。


banner2.gifにほんブログ村 猫ブログへ
posted by まるぼ at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5792543

この記事へのトラックバック