2007年10月12日

スーイスーイと進みます

mizusumashi-1.jpg



家では趣味が高じて、いろいろな生物を飼育していますが、これはちょっと珍しいかもしれません。

その名前は「オキナワオオミズスマシ」です。ふらふら

世界最大と言われる大きさですが、なんと20mmそこそこしかありません。

個体数も少なくなり、絶滅危惧種には指定されていませんが、一歩手前の状態のようです。

水の上をスーイス−イと殆んど直線でなく、荒川静香のように水槽の水面をクルクルと回ります。

このオキナワオオミズスマシ、前に書いたインセクトフェアーで購入したもので、普通だったら現地に行かないと手に入れることができません。

ミズスマシは昆虫ですが、何の仲間かわかりますか?

実はミズスマシは甲虫の仲間、つまりあのクワガタやカブトムシやカナブンと同じなんですね。

短めの触角が1対と長い前脚が1対、短い中脚、後脚がそれぞれ1対の計6本の脚があり、前脚は餌の捕獲用、中脚、後脚はスクリューの様に回転させて、高速で進むことができます。

今現在2匹のオキナワオオミズスマシが居ますが、雄か雌は判りません。

雌は水底に沈んだ、木の葉の表面に卵を産みつけるそうです。

オキナワオオミズスマシは肉食です。

眼は陸上監視用が2個と、水中監視用が2個と、合計4個の複眼を持っていて、陸上と水中を同時に見ることができます。

クモ、カ、ハエなど、水面に落ちて来た虫を見つけると、スーイス−イと近づいて、体をパクリと食べてしまいます。

何故か脚は食べず、食事の後は脚が漂います。

今のところ、クモなどを捕獲することが出来、餌には困りませんでしたが、先日3日間程連続で雨が降り、外で餌を捕まえて来る事が出来ず、餌を確保する方法を考えました。

我が家ではクワガタ、カブトムシを沢山飼育しているので、コバエが沢山発生します。

そのコバエを餌に使えないか、只今実験中です。


posted by まるぼ at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 昆虫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5844754

この記事へのトラックバック