2007年11月12日

かゆいの、痒いの飛んでいったあ!!

2007-0908-3a-m.jpg



26匹目の猫ちゃんです。猫

近所の家で飼われている子猫です。

家の窓から外を覗いているところをパチリと撮りました。

鼻の周りが水っぽくなっているのが気になります。

病気でなければ良いのですが。

我が家の家猫「マメ」ちゃんはノミの退治は終わったのですが、ダニがついていて体中を掻いていました。

あげくに女房にまでダニを移したようで、女房も「マメ」と一緒に痒がっている始末。

やっと病院に行って薬をつけてもらい、ひと段落したようです。

市販の薬では幼猫用のダニ退治の薬が見つからず、体重1300グラムの子猫には使用するのには不安がありました。

そこは本職、動物病院では幼猫用(2キログラム以下の猫用)の薬が常備してあり、病院に連れて行って、直ぐに首すじの所につけてあっと言う間に終わりました。

無事効果が現れたようで、体を掻く動作も少なくなり、女房も同様に改善してきたようです。

薬をつけてからしばらくして、体をノミ取りのクシで漉き取った処、かなりたくさんのダニの死骸や卵が取れたそうです。

あと1回、1ヶ月後に同じ薬をつけると、殆んど完治しそうです。

人気blogランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。

banner2.gifにほんブログ村 猫ブログへ
posted by まるぼ at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6700609

この記事へのトラックバック