2007年11月21日

ペットの保険

2007-1114-1a-m.jpg




29匹目の猫ちゃんです。猫

駅に行く途中で見つけた猫で、公園の片隅で見つけたのですが、おっとりしているのと、体がきれいなことから外飼いの猫のようです。

今日はペットの治療費の話です。

猫ちゃんも生身の体です。

人間と同じように病気もすれば、怪我もします。

そんな時にお世話になるのが動物病院ですが、人間のような保険が利くわけでないので当然、全額自己負担となります。

人間でも保険証を忘れて病院に初めて訪れると、いきなり高額な料金を請求されることがありますが、ペットの治療の場合まさしくそれと同じ状態になります。

ちょっとした怪我で入院でもすれば、5万〜10万の出費も覚悟しなければなりません。

そんな時に「ペット保険」に加入していると、掛け金に応じて自己負担を抑えることができます。

ペット保険は「保険業法」に基づいて運営されているのではなく、運営会社・団体が主催する会員組織に加入して参加する共済制度です。

扱っている会社はそれ程たくさんはないようです。

いざという時のために入っておくのも良いでしょう。


人気blogランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。

banner2.gifにほんブログ村 猫ブログへ
posted by まるぼ at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年11月16日

上下自由自在に行けます

2007-1112-1a-m.jpg



28匹目の猫ちゃんです。猫

会社に行く途中、駐車場で見つけた猫で、カメラを構えたら、おもいきり警戒されてしまいました。

時間が許せば、ゆっくりと気をそらせながら撮ることができるのですが、通勤途中では中々それもできません。

たぶんこの界隈を根城にしている野良猫でしょうか、目の周りや頭の毛が手入れされていないように見えます。

さて我が家の家猫「マメ」ちゃんの話になります。
今まで、階段を降りるのを怖がって、なかなか1階に下りてこなかったのですが、ある日私を追いかけて階段を下りてきました。

それを機会に階段を自由自在に上ったり、下りたりと動くようになりました。

今まで1階の部屋では猫が動くことを想定していませんでしたから、ドアをきちんと閉めるようにしたり、お風呂の水を常時抜くようにしたり、洗濯機の水も貯めておかないようにしたりと、対策が大変でした。

子供は未だ慣れていないので、夜中にトイレに行ってドアを開け放しの状態にしたりして、思わぬ場所に「マメ」ちゃんが潜り込んでしまうアクシデントも起きています。

又、1階にはたくさんのクワガタやカブトムシを飼育しているので、「マメ」ちゃんに見つからないように祈る」ばかりです。

人気blogランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。

banner2.gifにほんブログ村 猫ブログへ

posted by まるぼ at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年11月13日

「マメ」ちゃんは茨城県ファン

2007-0913-1a-m.jpg



今日の猫ちゃんは27匹目の猫になります。猫

夜、自宅に帰る途中で塀の上に座っている猫を見つけて撮ったのですが、殆んど警戒心無しできっと飼われている家の前だったのかもしれません。


今日は家猫「マメ」ちゃんの食事のお話です。

「マメ」は朝晩は缶詰の魚を中心に、ドライフードを混ぜて食べさしています。

以前にも書きましたが、食事の時間はなるべく家族と一緒にするようにしています。

相変わらず家族が食事をしていると、自分の食べる分を中断して、大好きなハムをねだるのですが、ハムは塩分も多いし猫には良くないのではと思い、最近では違うものをあげるようになりました。

それは茨城県名産「乾燥いも」です。

ちょっと試しにあげて見た処、喜んで食べるようで、最近では子供と取り合いになっている状態です。

「乾燥いも」を小さくちぎって、テーブルの上にに何個か並べてあげると、体と手を伸ばして「乾燥いも」を床に落とし、おもちゃのようにもてあそびながら食べます。

食べる時、歯にまとわり付くようで、もがくようにしながら食べる仕草は見ていて面白いものです。

もう一つ、やはり茨城県名産「納豆」こちらも食べるようで、口元に持っていくとパクリと食べてしまいます。

さすが関東の猫ですね。

「乾燥いも」をあげる時は喉を詰まらせるといけないから、必ず小さくちぎってあげて下さい。

人気blogランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。

banner2.gifにほんブログ村 猫ブログへ
posted by まるぼ at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年11月12日

かゆいの、痒いの飛んでいったあ!!

2007-0908-3a-m.jpg



26匹目の猫ちゃんです。猫

近所の家で飼われている子猫です。

家の窓から外を覗いているところをパチリと撮りました。

鼻の周りが水っぽくなっているのが気になります。

病気でなければ良いのですが。

我が家の家猫「マメ」ちゃんはノミの退治は終わったのですが、ダニがついていて体中を掻いていました。

あげくに女房にまでダニを移したようで、女房も「マメ」と一緒に痒がっている始末。

やっと病院に行って薬をつけてもらい、ひと段落したようです。

市販の薬では幼猫用のダニ退治の薬が見つからず、体重1300グラムの子猫には使用するのには不安がありました。

そこは本職、動物病院では幼猫用(2キログラム以下の猫用)の薬が常備してあり、病院に連れて行って、直ぐに首すじの所につけてあっと言う間に終わりました。

無事効果が現れたようで、体を掻く動作も少なくなり、女房も同様に改善してきたようです。

薬をつけてからしばらくして、体をノミ取りのクシで漉き取った処、かなりたくさんのダニの死骸や卵が取れたそうです。

あと1回、1ヶ月後に同じ薬をつけると、殆んど完治しそうです。

人気blogランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。

banner2.gifにほんブログ村 猫ブログへ
posted by まるぼ at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) |