2007年11月24日

猫を誘惑するフェロモン??

2007-1118-1a-m.jpg




今日の猫ちゃんは31匹目の猫になります。猫

近所の路地で見つけた猫で、ポチャリとしてとても可愛い猫で、家の家猫がいなければ捕まえて家で飼おうかと思ってしまいました。

外飼いの猫のようです。


今日は猫の臭覚の話をします。

猫は人間の数万倍以上もの臭いを嗅ぎわけることがで、臭いで人を嗅ぎ分け、臭いで食べ物を嗅ぎ分けます。

その為、頬線から出る分泌物や尿を使ってあらゆる場所にマーキングをします。

ですから貴方の足元や体に近づいてきて、顔をすり寄せる仕草はマーキングの動作です。
もちろん嫌いな人にマーキングをする訳がありませんから、大好きなご主人にマーキングをして、その臭いを嗅ぐことにより自分自身を安心させるのです。

おしっこの場合はテリトリーを主張する時に尿を使ってマーキングします。

特に雄の猫にはこの傾向が強いようです。


もう一つフェロモンを感じるヤコブソン器官があります。

このヤコブソン器官は口の中の上あごの門歯の後ろにあって、口を半開きにして歯をむき出した状態にして、空気にさらすとニオイが感知されやすくなり、これをフレーメン反応と言います。

元々は性行動に関する、フェロモンだけを感じる器官です。

私の臭い靴下などの臭いを嗅がすとフレーメン反応することがありますが、私には猫を誘惑するフェロモンが発散されているのかな??

人気blogランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。

banner2.gifにほんブログ村 猫ブログへ


posted by まるぼ at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年11月23日

臭いで勝負しないとダメ!!

2007-1118-2a-m.jpg



今日の猫ちゃんは30匹目の猫になります。猫

前に書いた猫と偶然遭遇して、一瞬にらみ合いになりましたが、どうやらこちらが雄猫のようで、相手の品定めをしていたようで、その内じゃれ合っていました。

今日は猫の味覚の話です。

ペットショップに行くと沢山の種類の缶詰が並んでいて、どれを買ったら良いのか判らなくなってしまいます。

買う人間の方も「ほたて」が入っていておいしそうとか、自分が食べる訳でもないのに自分の食べ物の好みで買ってしまいます。

猫は元々臭覚が発達していて、味覚を感じる味蕾(みらい)が発達していません。

毛づろくいする時には舌を使ってブラシのような役目をするし、骨にくっついた肉をそそぎ落としたりする時にも使います。

舌の中央部は味を感じるのではなく、道具として使われています。

味を感じるのは舌の先端(塩味、甘味)、舌の側面(酸味)、舌の付け根(苦味)がそれぞれ感じる場所です。

うちの家猫「マメ」ちゃん、最近缶詰を変えたら食欲が鈍り、まずいのか?と思ったら臭いが厭だったようです。

そう言えば、冷えた状態では臭いが気にならなかったのに、電子レンジで人肌に温めてあげると何か変な臭い。

この臭いが原因だったんですね。

それが証拠にしばらく置いておくと、冷めて臭いが気にならず全部食べます。

と言う訳で、猫ちゃんの食べ物は臭いで勝負しないとダメ!!

人気blogランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。

banner2.gifにほんブログ村 猫ブログへ

posted by まるぼ at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年11月21日

ペットの保険

2007-1114-1a-m.jpg




29匹目の猫ちゃんです。猫

駅に行く途中で見つけた猫で、公園の片隅で見つけたのですが、おっとりしているのと、体がきれいなことから外飼いの猫のようです。

今日はペットの治療費の話です。

猫ちゃんも生身の体です。

人間と同じように病気もすれば、怪我もします。

そんな時にお世話になるのが動物病院ですが、人間のような保険が利くわけでないので当然、全額自己負担となります。

人間でも保険証を忘れて病院に初めて訪れると、いきなり高額な料金を請求されることがありますが、ペットの治療の場合まさしくそれと同じ状態になります。

ちょっとした怪我で入院でもすれば、5万〜10万の出費も覚悟しなければなりません。

そんな時に「ペット保険」に加入していると、掛け金に応じて自己負担を抑えることができます。

ペット保険は「保険業法」に基づいて運営されているのではなく、運営会社・団体が主催する会員組織に加入して参加する共済制度です。

扱っている会社はそれ程たくさんはないようです。

いざという時のために入っておくのも良いでしょう。


人気blogランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。

banner2.gifにほんブログ村 猫ブログへ
posted by まるぼ at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年11月16日

上下自由自在に行けます

2007-1112-1a-m.jpg



28匹目の猫ちゃんです。猫

会社に行く途中、駐車場で見つけた猫で、カメラを構えたら、おもいきり警戒されてしまいました。

時間が許せば、ゆっくりと気をそらせながら撮ることができるのですが、通勤途中では中々それもできません。

たぶんこの界隈を根城にしている野良猫でしょうか、目の周りや頭の毛が手入れされていないように見えます。

さて我が家の家猫「マメ」ちゃんの話になります。
今まで、階段を降りるのを怖がって、なかなか1階に下りてこなかったのですが、ある日私を追いかけて階段を下りてきました。

それを機会に階段を自由自在に上ったり、下りたりと動くようになりました。

今まで1階の部屋では猫が動くことを想定していませんでしたから、ドアをきちんと閉めるようにしたり、お風呂の水を常時抜くようにしたり、洗濯機の水も貯めておかないようにしたりと、対策が大変でした。

子供は未だ慣れていないので、夜中にトイレに行ってドアを開け放しの状態にしたりして、思わぬ場所に「マメ」ちゃんが潜り込んでしまうアクシデントも起きています。

又、1階にはたくさんのクワガタやカブトムシを飼育しているので、「マメ」ちゃんに見つからないように祈る」ばかりです。

人気blogランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。

banner2.gifにほんブログ村 猫ブログへ

posted by まるぼ at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年11月13日

「マメ」ちゃんは茨城県ファン

2007-0913-1a-m.jpg



今日の猫ちゃんは27匹目の猫になります。猫

夜、自宅に帰る途中で塀の上に座っている猫を見つけて撮ったのですが、殆んど警戒心無しできっと飼われている家の前だったのかもしれません。


今日は家猫「マメ」ちゃんの食事のお話です。

「マメ」は朝晩は缶詰の魚を中心に、ドライフードを混ぜて食べさしています。

以前にも書きましたが、食事の時間はなるべく家族と一緒にするようにしています。

相変わらず家族が食事をしていると、自分の食べる分を中断して、大好きなハムをねだるのですが、ハムは塩分も多いし猫には良くないのではと思い、最近では違うものをあげるようになりました。

それは茨城県名産「乾燥いも」です。

ちょっと試しにあげて見た処、喜んで食べるようで、最近では子供と取り合いになっている状態です。

「乾燥いも」を小さくちぎって、テーブルの上にに何個か並べてあげると、体と手を伸ばして「乾燥いも」を床に落とし、おもちゃのようにもてあそびながら食べます。

食べる時、歯にまとわり付くようで、もがくようにしながら食べる仕草は見ていて面白いものです。

もう一つ、やはり茨城県名産「納豆」こちらも食べるようで、口元に持っていくとパクリと食べてしまいます。

さすが関東の猫ですね。

「乾燥いも」をあげる時は喉を詰まらせるといけないから、必ず小さくちぎってあげて下さい。

人気blogランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。

banner2.gifにほんブログ村 猫ブログへ
posted by まるぼ at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年11月12日

かゆいの、痒いの飛んでいったあ!!

2007-0908-3a-m.jpg



26匹目の猫ちゃんです。猫

近所の家で飼われている子猫です。

家の窓から外を覗いているところをパチリと撮りました。

鼻の周りが水っぽくなっているのが気になります。

病気でなければ良いのですが。

我が家の家猫「マメ」ちゃんはノミの退治は終わったのですが、ダニがついていて体中を掻いていました。

あげくに女房にまでダニを移したようで、女房も「マメ」と一緒に痒がっている始末。

やっと病院に行って薬をつけてもらい、ひと段落したようです。

市販の薬では幼猫用のダニ退治の薬が見つからず、体重1300グラムの子猫には使用するのには不安がありました。

そこは本職、動物病院では幼猫用(2キログラム以下の猫用)の薬が常備してあり、病院に連れて行って、直ぐに首すじの所につけてあっと言う間に終わりました。

無事効果が現れたようで、体を掻く動作も少なくなり、女房も同様に改善してきたようです。

薬をつけてからしばらくして、体をノミ取りのクシで漉き取った処、かなりたくさんのダニの死骸や卵が取れたそうです。

あと1回、1ヶ月後に同じ薬をつけると、殆んど完治しそうです。

人気blogランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。

banner2.gifにほんブログ村 猫ブログへ
posted by まるぼ at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年11月09日

猫ちゃんのワクチン注射の話

2007-1021-1a-m.jpg



今日の写真は我が家の家猫「マメ」ちゃんです。猫

何を見つけたのか、ジーッと1点を見つめています。

そして今日はワクチン注射の話です。

生まれたばかりの猫(犬も人間も同じですが)は、母親から貰った抵抗力(移行抗体と言います)でしばらくの間、色々なウイルスから守られています。

その抵抗力が持続できる期間が、短くて42日、長くて150日間程度の期間になります。

抵抗力は急に消えるのではなく、徐々に無くなります。

そこで普通はワクチン注射を、生後60日(1回目)、90日(2回目)のタイミングで接種することになります。

計算の早い方はお気づきかもしれませんが、抵抗力が150日持てば、生後60日、90日は必要でなく、150日目にワクチン注射を打てば良いのではないかと思うでしょう。

たとえば、生後150日目にワクチンを接種して、生後60日で抵抗力がなくなっていた場合、90日間は無防備の状態になります。

逆に、生後60日目でワクチンを接種しても、元々の抵抗力が消えていない場合は、体の中で新たな抗体を作ることを阻害されてしまいます。

つまりその場合は接種しても無駄だったと言うことになります。

これは抵抗力の消えるタイミングが、何時になるのかが判らない為の安全策で、とりあえず生後60日、90日を目安に接種しておけば、そのうち自分で抗体を作るだろうと言う考えのようです。

保険として考えれば良いのですが、無駄を承知の上のワクチン接種です。

尚、猫の場合は2回目(90日目)を接種すれば、3回目(120日目)は必要無いようです。

可愛いペットの為、生後2回のワクチン、年1回のワクチンの接種は欠かさずに!!


人気blogランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。

banner2.gifにほんブログ村 猫ブログへ
posted by まるぼ at 11:03| Comment(2) | TrackBack(0) |

2007年11月08日

ペットも一緒に旅行に連れて行きたいな

2007-1028-1am.jpg




25匹目の猫ちゃんになります。猫

この猫も近所の民家の玄関前でチョコッと座っていました。

きれいな毛づや、太り具合から見ると外飼いの猫でしょう。

夕方に撮影したので、ストロボが点灯してしまい、目が光ってしまいました。

ペットを自宅で飼っていて、旅行の計画のある人は、ペットをどうするかも考えないといけませんね。
国内旅行ですと、全国的にペットが泊まれる宿が増えています。

只、犬の泊まれる宿は多いのですが、猫の泊まれる宿は少し少ないようです。

又、宿泊施設もペンション、旅館などが多いのですが、そんな中超有名なシティーホテルでもペット対応のホテルがあります。

大阪にあるハイアット・リージェンシー・オオサカで、犬猫共に宿泊可能です。

宿泊は客室内とは別に、「ペッドリーム」と呼ばれる宿泊スペースがあり、言ってみればペットホテルが併設されているような形態です。

ペットを宿泊させるには、ほとんどの施設で「ワクチン接種の証明書」が必要です。

出かける時に慌てない様、お忘れなく。

人気blogランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。

banner2.gifにほんブログ村 猫ブログへ

posted by まるぼ at 12:14| Comment(0) | TrackBack(1) |

2007年11月07日

猫カフェって知っている?

2007-1031-2a-m.jpg


24匹目の猫ちゃんです。猫

駅に行く途中で見かける猫で、外飼いの猫のようです。

顔の模様が口元と鼻だけ白く、体も上面だけ黒く、まるでマントとマスクを被った、バットマンような風貌です。

話が変わるが、今巷では「猫カフェ」が流行っているようです。

流行の震源は台湾にあるようで、国内でも全国的に「猫カフェ」が増えてきています。

自宅で猫を飼えない人には、猫と接することが出来る場所です。

「猫カフェ」と言っても、キャバクラのように猫ちゃんが側に来てサービスしてくれる訳だはなく、普通の喫茶店に猫が何匹か店内にいるだけのようです。

せっかく行っても、近寄ってもくれないこともあるようで、そう言った場合に備えて猫の大好きなオモチャも常備してあるようです。

いきなり抱きついたり、頬ずりしたりしない方が良いのは人間のキャバクラと一緒ですね。

おおかたの店で、写真を撮ることができるようなので、猫好きの方は一度行ってみるのも面白いかもしれませんね。

お店がどんどんと増えて、そのうち「猫メイドカフェ」、「猫そい寝リラックス」なんて出来ちゃうのかも。

人気blogランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。

banner2.gifにほんブログ村 猫ブログへ
posted by まるぼ at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年11月06日

罰金50万円!!

2007-0908-2a-m.jpg



24匹目の猫ちゃんです。猫

この猫は自宅近くに住む猫で、どちらかと言うと野良猫なのですが、猫好きの人が家の周りで飼っている猫です。

見た通り、片目は開かず、もう片方も白濁していますが、動きを見ていると全く移動ができないわけでなく、私の家の近くでもたまに見ることがあります。

又、近くの川岸では猫好きの有志が野良猫達に、ご飯をあげたりしているのを見かけます。

猫好きの人にとっては優しい行為も、猫嫌いの人にとっては余計な行為に映ります。

猫は元々狩りが得意ですから、エサを貰えなくててもネズミでもカエルでも昆虫でも見つけて食べます。

もっと人間に嫌われるのはゴミ箱を漁って、まるでカラスのように散らかしてしまうこと。

彼らは生きて行く為には何でもします。

それよりも何よりも、野良猫、捨て猫が発生しないよう、飼い主のモラルが大事です。

飼えなくなったと言って、簡単に捨ててしまう。

捨て猫などペットを捨てると「動物愛護法」で罰金50万円!!

保健所に持っていけば殺処分してくれます。

そんな事して心が痛みませんか?

保健所に持ち込まれたペットは、新しい引き取り手が現れず、95%以上が殺処分されています。

どうか最後まで飼い続けて下さい。

人気blogランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。

banner2.gifにほんブログ村 猫ブログへ

posted by まるぼ at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) |