2007年11月05日

「マメ」ちゃんパニック!!!

20071020-1a-m.jpg



今日も我が家の家猫「マメ」ちゃんのお話です。猫

写真を見ると何か気になるものがあって、ジーツと見つめています。

視線の先には、昔から飼っている言わば「マメ」ちゃんにとっては先輩にあたる文鳥の「チー」ちゃんが、台の上に乗って、窓際に置いてあります。

動くもの皆、興味を示す「マメ」ちゃんにとっては、気にならないはずがありません。

ある時、鳥籠に上ろうとして、細いスチールパイプ製の脚で出来ている台に上り始めました。

様子を見ていた処、途中まで上って脚を滑らしてしまい、下に落ちてしまいました。

運が悪く落ちた場所がパイプ脚のV字型の部分で、首がスッポリと中にはまってしまい、身動きが取れなくなってしまいました。

暫く笑いながら様子を見ていたのですが、頭を抜こうと暴れると返って首が食い込んでしまいます。
これはまずいと思い、慌てて救い出しました。

子猫と言うこともあって、今までにこのような状況に直面したことがないようで、すっかりパニックに陥ってしまい、体を起こせば難なく取れるはずなのに、自分の首を絞めてしまいました。

それ以来、この台を上るのはやめましたが、最近ではカーテンをよじ登ったり、近くにある台の上から手を伸ばしたりと、あの手この手で「チー」ちゃんを狙っています。

もう少し大きくなったら、確実に鳥籠に届いてしまうので、何か方法を考えなければと思う今日この頃です。

今、気づいたのですが、我が家のペットの名前の付け方は、全く考えていないベタな名前の付け方だなと、我ながら関心してしまいました。


人気blogランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。

banner2.gifにほんブログ村 猫ブログへ

posted by まるぼ at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年11月03日

全国、猫会議???

2007-1031-1a-m.jpg



23匹目の猫ちゃんです。猫

やはり駅に行く途中で良く見かける猫で、外飼いの猫のようで、いつも庭に猫用の食器が置いてあり、食事をしている光景も見かけます。

そういえば猫の写真を撮っていると、不思議と猫が出没するエリアが限られている様に思えます。

見つかる場所では一度に数匹も見つかりますが、見つからない場所では全く猫の姿が見られません。

これはは野良猫にしろ、外飼いの猫にしても同じです。

猫は本来単独で行動する種類なので、狭いエリアに集中すること自体、不思議です。

そう言えば、猫会議と言う言葉もありますから、やはり夜中にに集まり易いように近くに集まって生活しているのでしょうか。

○○町、猫会議とか○○県、猫会議とか全国、猫会議とかあるのかな?

そんな妄想を子供に話したら、ほんとにあるの?と聞かれたので「あるよ」とだけ答えたので、子供はきっと本当にそんな猫会議があるのだと信じています。

人気blogランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。

banner2.gifにほんブログ村 猫ブログへ


posted by まるぼ at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年11月02日

夜中もやっている動物病院

2007-1023-1am.jpg


22匹目の猫ちゃんです。猫

駅に行く途中で見かける猫で、外飼いの猫のようです。

まるまると太っていて、毛の艶も良いようです。

中々時間が取れず、延し延しになっていた我が家の家猫「マメ」ちゃんのダニの状態が改善せずに、逆に酷くなってきたので、明日病院に行ってきます。

頭や体をかきむしって、耳から血がでてかさぶたになってしまいました。

病院につれて行くと、首の所にラッパの先みたいなプロテクターをつけられてしまうかもしれません。

とりあえずかかり付けの動物病院がありますので、心配はないのですがネットを見ていたら24時間動物病院と言う記述が見つかりました。

その中に私の仕事先の近くで開業されている動物病院が載っていますが、24時間対応でやっていて何時見ても客が絶えず、遠くからも車で来ているようです。

こういう病院が近くにあると、ペットを飼っている家は心強いですね。

参考に以下のURL

http://www.wancoco.com/hospital/index.htm

に全国版(もっと増えると良いのですが)が載っています。

いざと言う時の為に調べておくと良いですね。

人気blogランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。

banner2.gifにほんブログ村 猫ブログへ
posted by まるぼ at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年11月01日

爪を切るゾッツ!!

2007-1027-2am.jpg



21匹目の猫ちゃんです。猫

この猫も昨日と同じ場所で、雨宿りしていた猫です。

やはり野良猫なのか、今までに見たことが無かったのですが、今朝偶然別の民家の植え込みで寝ているのを目撃しているので、外飼いの猫なのかもしれません。

女房が、我が家の家猫「マメ」ちゃんの爪を切ってあげました。

爪が伸びているのにも関わらず、バリバリと爪をたてながらGパンを駆け上るのが得意な「マメ」ちゃんは、パジャマのズボンでも、女房のストッキングの上でも上ろうとします。

これではたまらないので、なんとか爪を切ろうとしていたのですが、なかなか切らせて貰えずにやっと昼寝をしている隙にきることができました。

遊んでもらっていると勘違いして、相変わらず「ガブリ」と咬まれてしまい、様子を伺いながらの爪きりでした。

その後は上られても痛くなく、暫くは大丈夫でしょう。

爪とぎを使ってバリバリと爪をといでくれれば良いのですが、たまにやる程度で殆んどお飾り状態で、マタタビをつけた時だけ、うっとりとした顔でバリバリとやります。

こういう方法もあります!!

アメリカの獣医師が開発。

簡単・安全でおしゃれなネイルキャップです。

白、紫、ピンク、ブルー、レッドの5色があって、ネイルアートをしたみたいでとてもおしゃれな感じになります。

サイズも子猫用、S、M、Lとあります。

購入は下の写真をクリック「interzooクリニッククラブ」から
▽▽▽▽▽▽▽






人気blogランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。

banner2.gifにほんブログ村 猫ブログへ



posted by まるぼ at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年10月31日

階段が怖い「マメ」ちゃん

20071027-1am.jpg




20匹目の猫ちゃんです。猫

大雨の日、自宅の近くで家の庭先で雨宿りしていた、猫ちゃんです。

見たことの無い顔ですから、どこからか遊びに来ていて大雨になり、軒下で雨宿りしているのかも知れません。

野良猫にしては、体も綺麗ですし、警戒心もさほど強くはないようです。

我が家では2階で猫を飼っています。

我が家の家猫「マメ」ちゃんもすくすくと育ち、ちょとした高さの場所だったら、一飛びで上がることができます。

それなのに、階段を下りることができないのです。

私が家に帰って階段を上り始めると、階段の下り口でシッポを持ち上げ、シッポの先を丸めて歓迎してくれる場所で、「マメ」ちゃんにとっては現在玄関となっている場所です。

家に来たばかりのころに、試しにそばについてあげながら、階段を下りたことがありましたが、家の人間が上がり降りしているのを見ていても、階段の下り口のところでピタッツと止まって、階段を下りようとしません。

どちらかと言うと急な階段なので、人間でも初めて通る時はチョット怖いようです。

それにしても、下の部屋には「マメ」ちゃんにいたずらされては困るものも沢山置いてあるので、家にの者としては助かるのですが、何かのきっかけで覚えてしまったら、1階の部屋も行動範囲に入ってしまうでしょう。

それも時間の問題ですが。

その前に部屋の片付けをしなければ。

人気blogランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。

banner2.gifにほんブログ村 猫ブログへ


posted by まるぼ at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年10月30日

猫は女の子と同じ!!

2007-1009-1a-m.jpg




19匹目の猫ちゃんです。猫

駅に行く途中で見つけた猫で、首輪をしていいる様子から、外飼いの猫でしょう。

体もでっぷりとして、普通黒猫は体が細くみえるのですが、この猫は外目にも太くみえます。
たっぷりとご飯を貰っているのでしょう。

今日も我が家の家猫「マメ」ちゃんのお話

我が家の家猫「マメ」ちゃんは、親にはぐれた野良猫で、心優しい前の飼い主さんに拾われました。

その家の子供さんが「猫のアレルギー」を持っていたようで、可愛くてしょうがないのですが、子供の為泣く泣く里親に出したのです。

元々猫が飼いたいと言い出したのは息子で、「マメ」の面会には私と息子が行きました。

あらかじめ写真で見て気に入っていたのですが、私も子供も直接あって一目で気に入り、用意して行ったペットキャリーの中に入れて、一緒に我が家に連れて帰りました。

そんな訳で、息子が一番思い入れが強く、何とか「マメ」ちゃんに気に入って貰おうとあれこれと画策するのですが、から回りばかりしています。

いきなり後ろから「グァッシ」と掴んで持ち上げたり、そばで急に大きな声を出したりと、猫にとっては苦手な行動ばかりです。

しまいには息子を避けて通るようになりました。

「マメ」ちゃんが、お父さんやお母さんの処にやって来て、膝の上や腕の中に抱かれる姿を見て、息子はかなり寂しいようです。

「マメ」ちゃんが家にやって来てから一度も、息子のそばで昼寝をしたり、くつろいだりしている所を見たことがありません。

息子があまり寂しい顔をしているので、「猫は構い過ぎると逃げるんだよ!!、これは女の子と同じ、放っておけば自分からやって来るから!!」と教えてあげました。

そうしたらどうでしょう、構いたくてしょうがないのをじっと我慢していると、「マメ」ちゃんが息子の気持ちを判ってくれたのか、息子の膝に寄りかかるようにして横たわりました。

もー息子は嬉しくて嬉しくてたまりません。

「マメ」ちゃんが離れて行かないよう、ピキッツと身じろぎもせずにじっとしています。

でも息子の顔は、満面の笑顔です。

その晩は「マメ」ちゃんも安心したのか、息子の横で寝ました。

お父さんとしては、あー良かった!!

人気blogランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。

banner2.gifにほんブログ村 猫ブログへ

posted by まるぼ at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年10月29日

おいしいハムの味が忘れられない

2007-0930-1m.jpg




今日は我が家の家猫「マメ」ちゃんです。猫

この写真は約1ヶ月前、里親となって家に着いたばかりの「マメ」です。

生まれてから2ヶ月程度なので、未だ毛がパツパツで、柔らかい毛よりチョット太くて長い毛がまばらに生えています。

今現在は随分とこの毛が生え代わってきて、柔らかい毛に代わり、そろそろ模様もくっきりと出てきて、大人になるとこんな風になるな、とイメージが沸いてきます。

朝は家族より一足早く起きて、女房が起きてくるのを待ちわびています。

小さい体の割りに食欲が旺盛で、夜中に一度餌をもらい、朝はお腹が空いて人の顔を見るとニャーニャーと泣いています。

朝ごはんに魚の缶詰とキャットフードを混ぜてあげているのですが、それだけでは足りないようで、家族の朝ごはんも失敬しようとします。

ハムが大好物のようで、ちょっと目を離した空きに持って行かれてしまいます。

初めて食べたハムの味が忘れられないのか、朝は家族の者が必ず見張っていないと、テーブルの上に乗っかりハムを奪い取ろうとします。

家族の朝食の始まりと同時に餌をあげるのですが、最近ではちょとずる賢くなったのか、食べてる途中で家族の下に来て、ハムをくれと言わんばかりにニャーニャーと騒ぎます。

仕方が無いので、少しづつ分けてあげると満足したのか、自分の餌を食べに戻ります。

ハムは塩分が多いので、猫には良くないのですが、気に入ってしまったようです。

人気blogランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。

banner2.gifにほんブログ村 猫ブログへ

posted by まるぼ at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年10月27日

自然な姿の写真を撮りたい。

2007-1007-1am.jpg



18匹目の猫ちゃんです。猫

この猫ちゃんも埼玉県秩父市で見かけた猫で、民家の庭先でお日様を浴びて、まったりとしている様子です。

猫が気が付いていない時に撮れる写真は、すごく伸び伸びとしていて良いですね。

私の使っているカメラはコンパクトタイプなので、望遠にするとすぐにぶれてしまい、綺麗な写真を撮ることが出来ません。

一眼レフタイプの望遠レンズを使えば、離れた位置から撮影が可能になりますから、もう少し自然な写真が撮れるような気がします。

どちらからと言うと、猫のテリトリー迄踏み込んで写真を撮るわけですから、どうしても「何だ?オマエー!!」、「近づくんじゃないヨー、コラ!!!」みたいな写真が多くなってしまいます。

フィルムカメラの一眼レフカメラは持っていますが、デジタルに変えたら便利過ぎて、なかなか後戻りはできません。

その内、写真が変わったら「買ったな?」と想像して下さい。


人気blogランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。

banner2.gifにほんブログ村 猫ブログへ

posted by まるぼ at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年10月26日

アッチでも、コッチでも、ソッチでも痒い!!!

2007-1007-2am.jpg


17匹目の猫ちゃんです。猫

この猫は埼玉県の秩父に出かけた際、見かけた猫です。

見つけた場所が、住宅街と言うか村落と言った風情の場所なのですが、住宅の庭先で見つけたので、外飼いの猫ちゃんかと思います。

「お前だれだ???、入ってくるんじゃなヨー」なんて言っている様に見えます。

尻尾の先が下に下がっていますから、チョット興味もあるようです。

今日も我が家の家猫「マメ」ちゃんの話になります。

先日私が自宅に帰ると「マメ」ちゃんがシッポを持ち上げて、先だけクルッツと丸めて出迎えてくれます。

そこまでは良かったのですが、顔を見るとほっぺたの引っ掻き傷から血が出て、まるでホクロのようにかさぶたになってしまいました。

その周りにもうっすらと血がでているのか、毛の根元が少し赤くなっています。

見かねて翌日、猫用のノミ、ダニ退治の薬を買ってきました。

私は普段本を読むときだけ眼鏡をかけるのですが、それ以外の時は使っていません。

ペットショップで猫用ノミ、ダニと大きく書いてあったので、これで良いだろうと勝手に思い込み、そのまま買って自宅に戻りました。

動物とは言え、万が一の事を考え眼鏡をかけてよく見ると、生後6ヶ月未満の子猫には使用しないで下さいと書いてありました。

折角買ってきた薬ですが、使うわけにいきません。

夜間、一緒に寝ている女房も体が痒いと言って、体を掻いているし、「マメ」ちゃんも相変わらず頭や体を掻いているし、見ている私まで何となく痒くなってきます。

市販で幼猫に使えるダニ退治の薬がないのでしょうかね?

どなたか知っていましたら教えてくれると嬉しいです。

人気blogランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。

banner2.gifにほんブログ村 猫ブログへ

posted by まるぼ at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年10月25日

「マメ」ちゃんの哀愁のニャーン

2007-0928-1h-m.jpg




16匹目の猫ちゃんになります。猫

この猫も千葉県の里見公園で見かけた猫で、たぶん前に出てきたキジトラ柄の猫の、親になるのではと思います。

花壇の縁にどっかりと腰を据え、こちらが前でどういう風に動いてもビクともせずにドッシリと座っています。

やはり親猫の貫禄なのか、野良猫の割りにはビクビクとした態度が見られないので、こちらも安心して近づいてしまいます。

最近、我が家の家猫「マメ」ちゃんの人気が落ちてきています。

それと言うのも咬み癖が直らず、一番かわいがっている女房の手や足まで咬んでしまい、昨日は女房もちょっとご機嫌斜めの様子でした。

私も手で遊ばないで、おもちゃを使って遊ぶようにと言っているのですが、つい手を使って遊んでいるようで、エキサイトした「マメ」ちゃんは手でも足でも飛びついて、ガブリとやってしまいます。

これは全く「マメ」ちゃんが悪いのではなく、遊んであげる方法が悪いのですが、ご機嫌の悪い時に言うと火に油を注ぐようなものですから、もう少し機嫌の良い時を選んで注意しようと思っています。

しゃべれない「マメ」ちゃんは只ニャーンと泣くだけです。

女房に怒られた時のニャーンは哀愁が漂っているような気がします。

人気blogランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。

banner2.gifにほんブログ村 猫ブログへ

posted by まるぼ at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) |