2007年10月13日

化石探しは親子の交流

hotategai.jpg



夏前の日曜日、化石探しに埼玉県秩父市にある蓼沼に行ってきました。電車

秩父線の黒谷駅から歩いて40分ぐらいの場所で、地図で見ると駅から近いように見えるのですが、目的地が2本の川で分断されている為、グルーッツと回り込まなければ着きません。

途中、のどかな住宅街を抜け、線路を横切り、畑を通り抜けやっと川の入り口の道路に出ます。

蓼沼は中新世(2300万年〜500万年前)の地層が荒川の河原に大きく広がった場所で、サメの歯やカニの化石が採集できることで有名ですが、何しろエリアが広い為、どのあたりを探れば良いのか判りません。

取り合えず、インターネットで調べた情報を元に、緑色の砂岩を中心に探すことにしました。

子供は既に何度も化石探しを経験しているので、今回も調子よくハンマーとタガネを使って、これはと思う場所を掘っていきます。

今でこそ、ハンマーを大きく振り上げて、タガネの頭に命中させることが出来るようになりましたが、それ迄に何度となく自分の手や指をハンマーで叩き、痛い思いをしています。

一度など化石探しに行ってから1ヶ月後、親指の爪が剥がれてしまい、どうして剥がれたのか問い詰めたら、ハンマーで指を叩いてしまい、その時は痛かったけど、お父さんに言うと化石探しに連れて行ってもらえなくなりそうだから黙っていたと告白したのです。

それ程化石探しが好きなようで、お父さんも未来のインディージョーンズの為に、せっせと化石堀に同行するのです。

砂岩は以外と硬く、中々割ることができませんが、どうにかカグラザメの歯と魚の歯、カニの甲羅、ホタテ貝などを見つけることが出来ました。

帰る道のりは長いのですが、今日取れた化石のこと、今度探しに行く場所のことなど話合いながら帰路につくのでした。

kagurazame.jpg




posted by まるぼ at 16:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 化石

2007年10月12日

スーイスーイと進みます

mizusumashi-1.jpg



家では趣味が高じて、いろいろな生物を飼育していますが、これはちょっと珍しいかもしれません。

その名前は「オキナワオオミズスマシ」です。ふらふら

世界最大と言われる大きさですが、なんと20mmそこそこしかありません。

個体数も少なくなり、絶滅危惧種には指定されていませんが、一歩手前の状態のようです。

水の上をスーイス−イと殆んど直線でなく、荒川静香のように水槽の水面をクルクルと回ります。

このオキナワオオミズスマシ、前に書いたインセクトフェアーで購入したもので、普通だったら現地に行かないと手に入れることができません。

ミズスマシは昆虫ですが、何の仲間かわかりますか?

実はミズスマシは甲虫の仲間、つまりあのクワガタやカブトムシやカナブンと同じなんですね。

短めの触角が1対と長い前脚が1対、短い中脚、後脚がそれぞれ1対の計6本の脚があり、前脚は餌の捕獲用、中脚、後脚はスクリューの様に回転させて、高速で進むことができます。

今現在2匹のオキナワオオミズスマシが居ますが、雄か雌は判りません。

雌は水底に沈んだ、木の葉の表面に卵を産みつけるそうです。

オキナワオオミズスマシは肉食です。

眼は陸上監視用が2個と、水中監視用が2個と、合計4個の複眼を持っていて、陸上と水中を同時に見ることができます。

クモ、カ、ハエなど、水面に落ちて来た虫を見つけると、スーイス−イと近づいて、体をパクリと食べてしまいます。

何故か脚は食べず、食事の後は脚が漂います。

今のところ、クモなどを捕獲することが出来、餌には困りませんでしたが、先日3日間程連続で雨が降り、外で餌を捕まえて来る事が出来ず、餌を確保する方法を考えました。

我が家ではクワガタ、カブトムシを沢山飼育しているので、コバエが沢山発生します。

そのコバエを餌に使えないか、只今実験中です。


posted by まるぼ at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 昆虫

2007年10月11日

二股かけちゃイヤッ!!

2007-1004-1a-m.jpg



だんだんと秋も深まり気温が下がって来る今日この頃です。

みなさんの家の猫ちゃん達は元気にしていますか?猫

我が家の家猫の「マメ」ちゃんも、家に来てから2週間近く経過して、家族にもだいぶ慣れてきました。

家に来て以来、夜寝る時は女房の布団に入って寝ていますが、このところ気温が下がってきたせいか、女房が朝ごはんの支度で布団を抜け出た後、寒く感じるのだろうか私の方に近寄ってきて、布団の中にゴソゴソと潜り込みます。

私としてはちょっと嬉しいのですが、未だ朝方の1時間程度の時間だけなのです。わーい(嬉しい顔)

そう言えば、女房も子供も平常時の体温が私よりも1度近く低いので、うまくするともっと気温が下がって来た時は、体の暖かい私の方に分があるのではと、密かに思っているのです。

昼間、私が椅子に腰掛けてパソコンをいじっていると、私の膝の上によじ登り、キーボードの上を散歩した後、膝の上で寝てしまうのだが、夜寝る時に人気が無いのは、ちょっと残念です。

人気blogランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。


banner2.gifにほんブログ村 猫ブログへ
posted by まるぼ at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年10月10日

昆虫飼うにはお金がかかる

我が家では昆虫を沢山飼育しています。



沢山と言っても10匹、20匹の数ではなく、数百匹と言う世界です。

特にクワガタやカブトムシがたくさんいます。


何でこんなに増えたかと言うと、飼育に嵌まる内にドンドンと卵や幼虫が増えてしまい、生まれた幼虫を処分するのが可愛そうなので、知らず知らずに増えてしまいました。

一年を通して飼育するので、冬は温室、夏は冷蔵庫とエアコンと一年中電気代がかかります。


国産の昆虫を飼育している時は必要なかった設備も、外国産のクワガタやカブトムシに手を染めたと同時に必要になってきました。

昆虫飼育は1ペアを飼育しているうちは、それ程お金がかからないのですが、卵を産んで幼虫になり、成虫まで育てると経費がかかって来るようになります。


通常、クワガタで産卵させるのにマット、産卵木など用意して1200円前後。

それから孵化させて幼虫を育てるのに1匹あたり1000円前後

菌糸びんを使うと安くても1匹あたり1500円前後かかります。

そして成虫になって死ぬまで飼育すると昆虫ゼリーだけでも1匹あたり500円前後かかります。


そうやって計算すると、生まれて死ぬまで1匹あたり2000円前後かかる計算になります。

これには光熱費等は含まれていないので、実際はもっとかかるでしょう。


この様にかかる経費の面から見ると、とても子供のおこずかいの範囲を超えて、完全に大人の趣味の世界になってしまいます。


放虫問題(外国産や国内産の虫を産地以外に離す事)が騒がれていますが、子供だけでなく大人でも、思わぬ程沢山の卵や幼虫が取れてしまった時はとても嬉しいけれど、後で冷静になって考えればこれだけの経費を捻出できるか考えると、余程おこずかいに余裕のある人か、趣味をこれだけに打ち込んでいる人でないと難しいでしょう。

自分で割り切って卵や幼虫を処分できる人なら良いですが、間違った博愛主義が「可愛そうだから野山に放してあげればきっと育っていくだろう」と放虫をすれば、今まで地元に生息した虫達を駆逐しかねない事になります。


どうぞ虫を飼育するみなさん、手に余ったら売るなり、あげるなり、自分の手で処分するなりして、絶対に野山に放つことだけはやめて下さい。


posted by まるぼ at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 昆虫

2007年10月09日

「マメ」ちゃん、「ガブリエル」になるの?

2007-0926-2a-s.jpg



8匹目の猫ちゃんです。猫

何時も通るアパトーの前にいる猫ちゃんで、外で離し飼いの状態の猫のようです。

アパート入り口の床の上で、お腹を出して毛ずくろい。

野良猫には絶対に見られない光景です。

お腹を出してと言えば、我が家の飼い猫「マメ」ちゃん。

ちょと噛み癖があって、遊びがエスカレートすると人間の手や足を強く噛み付きます。

噛んだその時は「ダメ!!」と叱りつけるのですが、中々直りません。

元々、親猫にはぐれて兄弟で拾われた猫で、弟の猫は拾われて直ぐに他界したと聞いています。

「マメ」ちゃん自身、月齢が2ヶ月程度で、親や兄弟から遊びのルールなど覚える間もなく、離れ離れになったようです。

家の者が皆噛まれるようになった為、ちょと人気が落ちてしまい、名前も「マメ」でなく「ガブリエル」にしたほうがいいんじゃない?

そんな声も聞こえてきます。

そこで家族で話し合って、噛んだら遊んであげない、暫く無視をするように決めました。

未だ赤ちゃんなので、いくらでも癖は直せるでしょう。

人間の方も猫ちゃんの気持ちを勉強しないと、そうなんだーと思う所も沢山あります。

お腹を出して寝転がり手足で猫キックする動作は「攻撃」の態勢だそうです。

犬の場合は飼い主への服従のポースですが、猫の場合は必ずしもそうではないようです。

もちろん、完全に慣れきった飼い猫は、腹を出して手足をダラーンとさせる時もあります。

その時は完全に安心しきっているのですが。

人気blogランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。


banner2.gifにほんブログ村 猫ブログへ
posted by まるぼ at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年10月08日

ヒゲの父さんがヒゲクジラの化石発見

kujira-kaseki-1.jpg



今年の五月の連休に、子供と一緒に化石探しに行きました。

場所は埼玉県秩父市の黒谷と言う場所です。

目標はサメの歯です。

下調べに拠ると、ここは中新世(2300万年〜500万年前)の地層がある所です。

地層の年代から言うと、秩父で一番有名なヨウバケと同じ奈倉層に属する地層になります。

今回初めて行く場所なので、地図を片手に場所を探しました。

とりあえず、荒川の河川敷が見え、橋の上から下を見下ろすと、河川敷に複雑に入り組んだ地層が見えてきました。

そこで、下に降りてみようと言うことになり、降りてみたのですが荒川と横瀬川の合流点で行く手を阻まれ、それ以上進むことが出来なくなり、仕方がなくその付近の地層を探してみることにしました。

結局、これと言ってめぼしいものは出てこなかったのですが、帰り道地層の表面に半分埋まった骨のようなものを見つけました。

よく見ると哺乳類の骨のようです。

表面は変色し、半分は地層の中に埋まっています。

そこで、子供と一緒に掘り出しました。

全長で1メートル弱あり、後で測ると骨の一番太い部分で、短径65mm、長径90mmの楕円の形をしています。

こちらも後日、博物館に持ち込み調べて貰ったところ、ヒゲクジラの右下アゴ骨だと言うことがわかりました。

ところで、目標のサメの歯はと言うとその後、グルーッツと回り込んで下流の蓼沼と言う地点まで行き、そこで小さいですが無事カグラザメの歯を見つけることが出来ました。

その他、魚の歯なども見つけ、暫くの間ここに足しげく通うようになった訳です。

kujira-kaseki-2.jpg




posted by まるぼ at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 化石

2007年10月06日

こまった居候ネコハチと家猫「マメちゃん」

mame-1.jpg




今日もベランダの窓をあけると、ちゃっかりとベランダに居候ネコハチが居る。猫

胡蝶蘭の鉢の中を寝床にして、女房が何年も大事にして来た胡蝶蘭を折ってしまったのである。

元来、猫好きな女房はプンプンと怒ってはいるものの、何故か居候ネコハチの容姿が気に入っているようで、あまり強い調子では追いたてない。

だから居候ネコハチも頭に乗って、毎日の様に我が家のベランダに来る。

これでは堂々巡りである。

この居候ネコハチは我が家のベランダだけでなく、近所の家にも出没しているようで、我が家から50M位離れた家の生垣から中に入っていくのを目撃している。

ベランダにくるのは良いが、困ったことに同居スズメが来る時間帯と一緒なので、スズメ達が猫の姿を見て怯えてしまい、朝ごはんが食べられない。

どうにか居候ネコハチを追いやると、向かいの家の屋根で様子を見ていたスズメ達が餌を食べに餌皿に降りて来る。

又最近では、我が家の新入り猫の「マメちゃん」が興味を示してベランダの窓に近寄り、お陰で文鳥は外と中の猫の姿を見て大騒ぎになってしまいます。

そして「マメちゃん」の文鳥の騒ぎを聞いて返って文鳥の存在に気づいてしまうです。

人気blogランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。


banner2.gifにほんブログ村 猫ブログへ
posted by まるぼ at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年10月05日

同居スズメと文鳥のおしゃべり

2007-0926-1b-s.jpg




7匹目の猫ちゃんです。猫

黒く大きな体に、白い眉毛と髭。

どっしりと落ち着いて、ジーッツとこちらを見据えています。

「お前誰だー」なんて言っているのでしょうか、若い猫と違って風格も感じさせれます。

飼い猫?、野良猫?どちらかな。

見つけた場所から推察すると、外で飼っている飼い猫と言う感じがする。

もしかしたら、この辺りに住む猫の親分かも知れませんね。

前回、ベランダにくる同居スズメの話を書きましたが、家の中でも文鳥を飼育しています。

朝カーテンを開ける前、ベランダの外ではスズメ達が何やらピーチク、ピーチクとやっています。

聞き耳を立てていると、家で飼っている文鳥も、まるでおしゃべりをしている様に、ブツブツと何か鳴いています。

外側でピーチク、ピーチクとやると部屋の中でブツブツ、ブツブツと、ピーチク、ピーチク、ブツブツ、ブツブツ、まるで朝の挨拶でもしているようです。

スズメが来ない時は文鳥も静かにしていて、ブツブツ、ブツブツと鳴きません。

きっと家の人が起きてくるまで、世間話でもしているのでしょうか。

それとも家の人が起きたかどうか、カーテン越しに情報を流しているのでしょうか。

カーテンをあけると、向かいの家の屋根には、たくさんのスズメ達が餌をくれるのを待っています。

今日もそのうち同居鳥がホバリングをして「オハヨー、僕はここにいるよー」という感じで向かえに来るでしょう。

それまで君達はオアズケ!!

人気blogランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。


banner2.gifにほんブログ村 猫ブログへ

posted by まるぼ at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年10月04日

居候ネコハチと同居スズメ

2007-0924-1a-s.jpg



6番目の猫ちゃんです。

黒い体、振り向いた顔に光る目、野良猫です。猫

しかも家の2階のベランダにある、胡蝶蘭の鉢の中に居場所を決め込んだようで、ネコ鍋ならぬネコ鉢、そんなどこかで聞いたことのあるような猫ちゃんです。

このところ、何時見ても鉢の中に丸まって入っていて、ベランダの窓を開けるとチョット面倒臭そうに逃げて行きます。

特別、餌をあげている訳ではないのですが、窓際で飼っている文鳥や、ベランダに集まって来るスズメ達に興味があるようです。

スズメと言えば、うちの外壁をよく見ると丸い5センチくらいの穴が開いているのが見えます。

初めは何で開いているのか判らなかったのですが、ある日、下の道路から見ていると虫をくわえたスズメが穴を出たり入ったりしています。

そうです。

知らないうちに、スズメが同居人でなく同居鳥となっていたのです。

気がついたのは、はるか5年くらい前のことで、ベランダに訪れて来るスズメたちにの為に餌皿を置いて、毎朝餌をあげていました。

そのうち、朝寝坊したり餌をあげ忘れたりすると、スズメが窓のガラスの前でホバリングを始めました。
それでも暫く放っておくと、何度も何度も窓の横桟に掴まり、「ここにいるゾー」と言った感じでアピールを続けています。

それでも知らんぷりして、窓の反対側の部屋へ行って窓の外を見た処、やはり窓の外でホバリングをしています。

それ以来、毎年毎年、外壁の穴の中でスズメはヒナを育て、親鳥が新しく巣立った子供に教え(たぶん、そうじゃないかな)、ベランダに置いた餌皿に餌を食べにきます。

多い時には10数羽のスズメが来て、一番先に同居スズメが餌を食べ始め、周りでは今か今かと食べ終わるのを待ち構えています。

お腹がいっぱいになり餌皿を離れると、待ち構えていたスズメ達が一斉に餌皿に飛びつきます。

どうやらこのスズメ君は、我が家のおかげで他のスズメ達に親分風を吹かしているようです。

我が家ではこのスズメを「ホバ鳥」と呼んでいます。

そして毎日のように「ホバ鳥」が仲間を引き連れて来ます。

雨の日も、風の日も。


人気blogランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。


banner2.gifにほんブログ村 猫ブログへ
posted by まるぼ at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年10月03日

学者でも判らない化石?

fish-1.jpg



子供とよく、化石探しに出掛けます。
場所に拠って出る物の違いはありますが、一番良く見つけることが出来るのは、貝の化石。
次に良く見つかるのは、木の葉の化石
あとは、木の幹や枝
なかなか見つからないのが、昆虫の化石
見つかると嬉しいのがサメの歯です。

ある時、新生代中新世(2300万年〜500万年前)の地層を探していたら、地層の表面にノジュール(生物が死んで水底に埋没し、泥などにくるまれ塊状になり、やがて珪素と置き換わり、そのままの状態で化石化したもの)の一部が露出しているのを見つけ、子供と一緒に3時間がかりで堀り出しました。

その大きさは、ちょうどオートバイのヘルメット程度の大きさで、徒歩で行った為そのままでは持ち帰ることが出来なかったので、幾つかに割って持ち帰りました。

家に帰ってから良く見ると、どうやら骨のようなものが見えます。

割ったものを組み立て直し、あらゆる方向から観察すると、どう見ても骨が見えます。

しかも哺乳類のような図太い骨ではなく、表面を覆うように厚さ3mmぐらいの骨が見えます。

そこで、何の骨か知りたくて博物館に持ち込みました。

暫くすると連絡が入り、硬骨魚類の骨のようですと言われ、もしかしたらマグロの骨ではないかと言うことになったのですが、後日マグロでは無いと結論が出たようです。

もう少し詳しく調べると言う事で、そのまま採集品を預けてきたのですが、数ヶ月後返却するので引き取りに来て欲しいと連絡が入った為、何の化石だったか確認をしたのですが、返事は貰えませんでした。


fish-2.jpg



何の化石か不明だった為、わざわざ重い物を引き取りに行くのも面倒になり、結局そのまま処分して欲しいと依頼しました。

それにしても研究者が判らないことがあっても不思議とは思いませんが、「判らない」と言う言葉は意地でも言えないのでしょうかね。

子供も結果を楽しみにしていたのに、何の化石か判らずじまいでとても「残念!!!」です。

子供は無邪気に、恐竜の化石だったらどうしようと、重い化石を担いで帰ってきたのに。

fish-3.jpg




posted by まるぼ at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 化石